JOURNAL

DATE : 2020.02.06

「6vs6の熱い闘い」日本屈指の選手が魅せるSELL BATTLE!

2028年のロサンゼルスオリンピックの追加種目に「ラクロス」が有力視されていると、にわかに噂されているのはラクロッサーなら誰でも周知の事実だろう。そして、そのラクロスの競技において噂されているのが”6人制”だ。日本での現行のラクロスのルールだと、”10人制”というのが馴染み深い。しかし、プレーヤーの技術レベルの向上に合わせて、ルールや環境も含めてアップデート過程であるというのも事実だ。

 

1/18(土)〜1/19(日)の2日間に渡って開催されたSELL BATTLEは6人制ラクロスの新たな可能性と、ゲームとしての面白さを感じさせるものとなった。

 

SELL BATTLEとは

4チームに分かれて行われるSELL BATTLE2020は、SELLメンバーだけでなく新社会人やその他クラブチーム選手で即席の4チーム(各10名)を作り、特別ルールでの試合を行うイベントです。各チームのコーチによるドラフトによって選手を選出し、チーム編成が行わた。

 

【日時】

第1節 : 1月18日(土)13:00〜16:00 @三浦市の潮風スポーツ公園

第2節 : 1月19日(日)13:00〜16:00@三浦市の潮風スポーツ公園

第3節 : 2月16日(日)16:00~21:00 @富士通スタジアム

 

【イベント詳細】

第1〜2節 : 4チーム総当たりのリーグ戦を行い、順位を決める(1日3試合)

第3節 : トーナメント形式で優勝チームを決める

 

【SELLバトル チーム&コーチ陣紹介】

長岡良江さん チーム名:Spartans (スパルタンズ)

鈴木伸吾さん チーム名:Wildcat(ワイルドキャット)

宮沢明日香さん チーム名:Panthers (パンサーズ)

浅井威宏さん チーム名:Rainbow Warriors (レインボーウォーリアーズ)

 

ハイレベルな技術を求められる6人制のゲームだからこその楽しさ

「思ってた以上に技術(スキル)が求められるルールだと感じました。」と語る寺西選手(FUSION所属)

 

SELL BATTLEどうでしたか?

寺西選手:ハイレベルな技術が必要だなと感じましたね。細かいパスの位置やスピード、パスキャッチのスキルなど基本的な能力を求められるなと感じました。なので、私自身の技術力もまだまだなんだなと思いました。もっと、トリックプレーや難しいプレー、面白さを出せるのかなと思っていたんですけど、普通にプレーすることで精一杯になってしまっていました。コートも狭いですから、相手との距離も必然的に近くなるので、いつも以上にパススピードを上げたりしないといけないですし、パスの精度も高い上に、パスキャッチもスムーズにできないと、すぐにボールを奪われてしまう。技術力の向上と必要性をすごく感じました。

佐藤選手:私も同じようなことを感じました。技術力をまだまだ上げないといけないなと思いました。シュートも近い位置では中々打てないですし、遠いところから打つとなると、シュートのスピードはもちろん、精度も上げないと点が取れないですから。

求められる技術の違いを感じた

「コートも狭いこともあり、10人制と6人制では求められるスキルが違うんじゃないかなと感じました」と語る鈴木選手(旧姓:松本選手 MISTRAL所属)

 

SELL BATTLEやってみてどうでしたか?

鈴木選手:広いコートと狭いコートで求められる技術が違うのかなと感じました。私自身初めてプレーするルールだったので、”とりあえずやってみよう”という感じでプレーしていたので、後からプレーの幅や戦術の可能性を感じました。狭いコートでどうディフェンスを対峙するのかとか、ブレイクのタイミングだったりとか・・・広いコートよりも盛り上がるタイミングは多いのかなというのも感じました。ディフェンスの選手にも攻撃やアタックのスキルを求められるかもしれないですね。

攻撃やアタックに求められるタスクは多いですか?

鈴木選手:多いと思います。ディフェンスからの切替で、ロングパス一本でチャンスを生むことができたりしますので。ゴーリーからの攻撃に転じるパスでアシストになったりすることもありますので。

 

ルールの違いで、プレーの質や求められるもの違いはありますか?

鈴木選手:まず、パスのスピードも違うのと、距離も近い。ボールを受ける位置も違いますし、ゴールまでも近いので、ボールキャッチによってシュートを打てるか打てないか変わってきたりもするので。

 

6人制のルールでの試合について、各選手が口を揃えるのが『技術』というワードだ。観ている以上にコート内で求められるスキルは高いのではないだろうか。

 

気になるSELL BATTLE最終戦

【SELL BATTLE最終戦】

2月16日(日)16時〜@富士通スタジアム

雪の降り頻る中で開催された第1節、快晴のもと開催された第2節では決勝トーナメントに向けた、熱い順位決定戦が繰り広げられました。

*現在の順位は下記の通りです。

■Wildcats:2勝0敗1分け → 暫定1位

■Panthers:2勝1敗 → 暫定2位

■Spartans:1勝2敗 → 暫定3位

■Rainbow Warriors:0勝2敗1分け → 暫定4位

優勝チームが決定する運命の第3節。入場料・観戦料無料のこの機会にぜひ足を運んでみて欲しい。

NEWS CATEGORY

お知らせ一覧