JOURNAL

DATE : 2019.09.07

COOL COREその魅力を3選手が語る!

まだまだ暑さの残るシーズンを過ごしているプレーヤーも多いのではないでしょうか。この時期の激しいトレーニングや強度の高い試合では、ウェアやギアの細かな機能や特性が、ベストパフォーマスを発揮できるかどうかを左右する要因ともなり得ます。LENACOSで展開している冷却機能をもつCOOL CORE素材を使用したトレーニングウェアやTシャツをSELL所属の3選手にコメントいただきました!

 

日頃からCOOL CORE Tシャツを着用している3選手。ウェアにどのような印象を持っているのでしょうか!

 

自分自身をモチーフにしたCOOL CORE Tシャツを着用!(廣瀬 選手)

− LENACOSのウェアを着てみていかがでしたか?

すごく良いです!色々なウェアを提供いただいているのですが、中でもCOOL COREのアイテムは凄く良いです。(WPLL参戦時)トレーニングの時にはいつも着用していました!

所属しているチームがアメリカの東海岸にあったんですが、凄く暑くて40℃になったりして試合やトレーニングが中止になることがあるくらいでした。そんな環境の中でもサラッとした着心地で、汗をかいた時の身体に張り付く感じが少なかったり、汗を吸っても重くなる感覚がなかったり、凄い快適にトレーニングができました。

 

トレーニングの時にサラッと着れるのが良いです!(水戸 選手)

− COOL CORE Tシャツは使ってみていかがですか?

実際にSELLのウェア(Tシャツ)ってCOOL COREじゃないですか。試合以外のトレーニングの時はいつも着ています!

着心地が良くて、肌触りが良いので本当に愛用しています。夏のトレーニングの時って汗を凄くかくので、軽やかな着心地ってとても重要だと思うんですよね。それはトレーニング時のパフォーマンスにも影響出るものだと思います!

 

オフ(トレーニングや試合の時以外)でも活躍してくれてます!(寺西 選手)

− コットンライクな素材のTシャツはいかがですか?

こっちの素材感のTシャツを着用するのは初めてなんですが、凄く着心地が良いです。サラッとした肌触りなのに、柔らかい感覚もあって練習の前後に着たりするには良いですね。学生チームの合宿等に行って指導することもあったのですが、合宿のオフの時に着たり、試合の行き帰りに着たりするのも良いかもしれないです。

 

 

 

一番人気!「CA Coolcore Logo Tee SS」

アメリカで開発された他に類を見ない革新的なクーリング素材、COOLCOREの4ウェイストレッチ生地を用いたLENACOSロゴTシャツ。気温の高いラクロスシーズンに最適な冷却効果。逆に寒い季節には速乾性のあるインナーとしてサラッとした着用感。

【素材】
ポリエステル : 95%
ポリウレタン : 5%

【DETAIL】
size S : 着丈62.5cm 肩幅42cm 袖丈18cm
size M : 着丈64cm 肩幅43cm 袖丈19cm
size L : 着丈65.5cm 肩幅44cm 袖丈20cm
size XL : 着丈67cm 肩幅45cm 袖丈21cm

 

ONLINE STOREはこちら!

 

 

人気のカレッジロゴ!「CA Coolcore Emblem Tee SS」

クーリング素材、COOLCOREの コットンライク生地、TC天竺(綿55% ポリエステル45%)を使用。
天然素材である綿のような風合いと肌触りを持ち、練習は勿論、練習後やオフの時間にも着用してほしいTシャツ。
大学チームのエンブレムをイメージしたプリント。気温の高いラクロスシーズンに最適な冷却効果。逆に寒い季節には速乾性のあるインナーとしてサラッとした着用感。

【素材】
コットン:55%
ポリエステル:45%

【DETAIL】
size S : 着丈62.5cm 肩幅42cm 袖丈18cm
size M : 着丈64cm 肩幅43cm 袖丈19cm
size L : 着丈65.5cm 肩幅44cm 袖丈20cm
size XL : 着丈67cm 肩幅45cm 袖丈21cm

 

ONLINE STOREはこちら!

NEWS CATEGORY

お知らせ一覧